読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アローラビギニング レート1800到達構築

インターネット大会アローラビギニングで使用した構築の紹介です。

 

<メインロム>

f:id:meiro_poke:20161222013441p:plain

■コンセプト

強いやつでゴリ押す。

 

■使用したポケモン

 


ソルガレオ
性格:陽気
特性:メタルプロテクト
努力値:H4 A252 S252
技: メテオドライブ/フレアドライブ/地震/身代わり

禁止伝説枠。種族値・特性・技のすべてが優秀で思考停止気味に採用。個の強さでゴリ押す対面構築にふさわしい一匹。
ガルドや宿り木カグヤ意識で身代わりを搭載。他にもガオガエンやウインディと対面したとき一度身代わりを張ることでガブ引き読み鬼火を透かして地震二発で返り討ちにしたり、ドヒドイデの熱湯火傷に怯えずに(身代わりが熱湯一耐え)地震で処理できたりと、採用して大正解の技だった。
Sは最速にしたが、ミラーやルナ意識というよりはミミッキュ意識。ルナソルは端からこいつで相手することは考えず他に任せると決めていた。
思念を切っているのでギャラが出てくると若干つらかったが、切れる技がないので仕方ないと割り切っていた。

 


カプ・コケコ
性格:臆病
特性:エレキメイカー
努力値:B4 C252 S252
技: 10万ボルト/マジカルシャイン/自然のいかり/とんぼがえり

高速ATその1。カグヤ対策の電気枠が欲しくて採用。種族値130の素早さから特性によって高火力の電気技を撃てる替えの利かない存在。
先発で出すことが多く、後述のマニュとともにルナアーラ対策を担っていた。
汎用性が高いポケモンだが、今回は持ち物による火力補助や襷による行動回数保証がなかったので、雑に使っていると何もできずに倒れることもあった。

 

 

マニューラ
性格:陽気
特性:プレッシャー
努力値:A124 D132 S252
技: 辻斬り/冷凍パンチ/追い打ち/挑発

高速ATその2。自慢のルナアーラ対策にしてこの構築のMVP。
今大会絶対に数が多いであろうルナアーラをどう対策するか考えたとき、真っ先に思い浮かんだのが追い打ちによる処理だった。ルナアーラ入りのパーティとまともなサイクル戦になったらまず勝てないだろうと踏んでのことである。
ルナアーラ対策の追い打ち要員に求められることは、

(1)交代際にルナアーラに何を撃たれても一発は耐えること
(2)ルナアーラより速いこと or 二発目の攻撃を耐えること
(3)交代際の威力2倍の追い打ちで、ファントムガードが潰れたルナアーラを一発で倒せること
(4)非交代際の追い打ちで、後続のポケモンで一発で倒せるくらいの削りを入れられること

の4点である。アローラビギニングで使用できるポケモンの中で、これらすべての条件を同時に満たす唯一のポケモンがマニュ―ラだった。
具体的な処理ルートは、コケコフェローチェのトンボでファントムガードを潰す→マニュを投げて追い打ち、の流れ。追い打ち読みで突っ張られてもコケコフェローチェで倒せる範囲まで削りを入れられるので問題はなく、実際コケコフェローチェとルナアーラの対面を作った試合はこの立ち回りで100%ルナアーラを処理できていた。また役割遂行後は舞ギャラなどの積みポケの起点になりやすいため挑発を採用していた。
追い打ちには他にも、ガブと対面したときに引き読みで撃ち、ガブを裏のコケコのマジシャ圏内まで削ってコケコの一貫性を作るなどの使い道もあり、サイクルをあまり回したくないこの構築にマッチしていたと思う。
反省点としては、冷パンを切って礫を入れた方がよかったかもしれないということ。ルナアーラ処理後に出てくる相手のコケコフェローチェが重く、礫があればこちらのフェローチェで確1取れるとこまで削れるのになあ、と思う場面が何回かあった。一方、冷パンがなければ負けていたという試合は覚えている限りではなかったので、ここはミスだったと思っている。もう一つは、悪技最高打点が辻斬りだと思って採用していたこと。大会後にPGLのデータを見て初めて、地獄突きという技があることを知った。にわか。
ともあれ、今回好成績を残すことができたのは間違いなくこのポケモンのおかげだろう。

 

フェローチェ
性格:せっかち
特性:ビーストブースト
努力値: H4 A252 S252
技: 跳び膝蹴り/とんぼがえり/毒づき/冷凍ビーム

高速ATその3。アローラビギニングにおいて最速を誇るGOKIBURIである。
ミラーを意識してSは最速。対コケコフェローチェは他で削ってから殴り、初手で対面したときはトンボで一度逃げてから2回目の対面で倒すなどの立ち回りを取っていた。今大会は襷やスカーフなどの持ち物による奇襲を考慮する必要がないので、上から高火力を叩きこむことができるフェローチェはシンプルに強かった。GTS産の個体だったため性格の下降補正は選べなかったのだが、一度サトゲコの手裏剣3発をミリ耐えして勝った試合があったのでせっかちで正解だったと思っている。

 

ガブリアス
性格:陽気
特性:鮫肌
努力値:A252 B4 S252
技: 地震/岩石封じ/炎の牙/剣の舞

説明不要の主人公。ソルガレオに有利なコマとして採用した。一応高速ATなのだが、ワンランク上のSを持つ他3匹のせいで存在は霞み気味。
技構成は、ソルガレオに撃つ地震、ギャラの起点にならないための岩石封じ、テッカグヤに好き勝手させないための炎の牙、受けを強引に突破するための剣の舞とした。ドラゴン技を切ることに多少抵抗はあったが、どの技もそれぞれ無かったら負けていたという試合があり、かつドラゴン技がなくて困った場面が一度もなかったので、この4つで正解だったと思っている。

 

テッカグヤ
性格:がんばりや
特性:ビーストブースト
努力値:HSベース
技: ヘビーボンバー/宿り木の種/身代わり/守る


型が豊富で何をさせても強い汎用性の高いポケモン
ガブに対して投げられる枠が欲しくて採用。型は遅いやどまもカグヤを嵌め殺せるやどみが型にした。
実際に潜ってみると相手のコケコの圧力が強くほとんど出せなかった。選出回数は2回あったかどうかといった具合で完全に空気。しかし他に最適なポケモンがいたかといえば正直すぐには思いつかないので、これでよかったのかなと思っている。
ちなみに個体はGTS産。努力値も適当で、ビーストブーストでまったく使わないCが上がるという杜撰な振り方をしていた。陽気カグヤ欲しい。

 


パターン化された選出というのは特になかったが、ルナ軸に対しては必ずコケコかフェローチェを先発に置き、後ろにマニュを控えさせていた。ルナアーラがいるとだいたい先発で出てきたので先述のトンボ追い打ちが面白いほど決まった。

 

 

<サブロム>

f:id:meiro_poke:20161222013521p:plain

 

■コンセプト

受けループ。持ち物もZ技も使えないルールなので全体的に低火力環境になると予想し、受けループは安定して勝てると考えた。

 

 

■使用したポケモン

 

ソルガレオ
性格:意地っ張り
特性:メタルプロテクト
努力値:H212 B236 S60
技: メテオドライブ/思念の頭突き/フレアドライブ/あさのひざし

禁止伝説枠。後述のママンハピで重いカプ・ブルルやショック持ちカプ・テテフ、やどみがカグヤや物理ATコケコなどを見るために採用。
調整はHが16n‐1、Sが最速テッカグヤ抜き、残りB。
ソルガレオといえばAS振りのアタッカーが主流だと思うが、今回は受けループということで受けポケとして採用してみた。高種族値ゆえに耐久は申し分なく、高速回復技もあるのでなんら問題なく役割を遂行できた。また受けポケでありながらAも実数値で172あるので殴っても普通に強かった。

 


ママンボウ
性格:図太い
特性:再生力
努力値:H252 B252 S4
技: 熱湯/毒々/願い事/守る

物理受け担当。
物理ATに投げて、毒を撒いたり熱湯で火傷させたりしながらスリップダメージを稼いでいく。物理耐久は実はスイクンよりも高く、剣舞がないガブ程度なら余裕で受かる。
物理受けの候補は他にもエアームドやドヒドイデ、ヤドランなどがいたが、ソルガレオやフェローチェを考慮すると効果抜群を取られないこのポケモンが最適解だと考えている。また特殊ATが挑発を持っていてハピがタマゴを産めない場合に願い事で回復してやれるなど、他の物理受けにはない強みも持っている。
もともとマイナー寄りなポケモンだったが、某実況者の対戦実況動画によって最近知名度が上がりつつあるように思う。かくいう自分もこいつを使い始めたのはその動画がきっかけだった。

 

ハピナス
性格:自然回復
特性:図太い
努力値:B252 D252 S4
技: 火炎放射/毒々/アロマセラピー/タマゴうみ

特殊受け担当。
やることは基本的にママンボウと共に受け回すだけ。毒々を入れれば勝てると思っているトレーナーを絶望の底に突き落とすアロマセラピーを採用していた。
特殊ATは基本的に余裕で受かる。だが蛍火デンジュモク、お前はダメだ。


バルジーナ
性格:図太い
特性:防塵
努力値:H252 B252 S4
技: イカサマ/エアスラッシュ/挑発/羽休め

ママンハピで重いギルガルド、身代わりギャラドス、物理草を見るために採用。
基本的にママンハピだけで事足りるのであまり出さなかったが、出したときはしっかり役割を遂行してくれた。


ガラガラ(リージョンフォーム)
性格:慎重
特性:避雷針
努力値:H252 A36 B4 D132 S60 
技: フレアドライブ/シャドーボーン/ホネブーメラン/鬼火

蛍火デンジュモクや悪巧みエンニュートなど、ハピナスで受けきれない特殊積みAT対策に採用。
役割対象がピンポイントなため選出回数は少なかったが、仕事はきっちりこなしてくれた。毒などのスリップダメージが主なダメージソースとなる構築なので、太い骨を持たせられないことによる火力不足はまったく気にならなかった。

 

ギャラドス
性格:陽気
特性:威嚇
努力値:H4 A252 S252
技: かみくだく/地震/氷の牙/竜の舞

枠が余ったので適当に入れた、シングルレート用に育てたメガギャラ個体。一応ガブとフェローチェの選出を牽制する枠。
残念ながら大会中一度も出さなかったし、ガブとフェローチェはバンバン出てきたので、完全に必要ないポケモンだった。剣舞ガブ対策にピクシーを入れた方がよかった気がする。

 

選出はほぼ全試合ママンハピ選出。3匹目にソルガレオ、バルジ、ガラガラのうち一匹を添えて、ママンハピの弱点を補完するようにしていた。

全体的に挑発持ちが重かった。

 

■戦績

メインロム:TNめいろ
40戦 31勝 9敗
最高レート 1804
最終レート 同上
順位 38位

f:id:meiro_poke:20161222014017p:plain

 


サブロム:TNめいろ
36戦 29勝 7敗
最高レート 1803
最終レート 同上
順位 41位

f:id:meiro_poke:20161222014039p:plain

 


■感想
アローラビギニングは第7世代最初のインターネット大会、しかもシングルバトルということで、シングル専門の身としては参加しない理由がない大会でした。
実は禁止伝説が使えるルールで戦うのは初めてで、果たしてそんな自分にまともなバトルができるのだろうかと不安でしたが、思っていたよりいい成績を残すことができて喜んでいます。伝説のポケモン種族値の暴力を振るっていくさまを見るのも楽しかったです。時間とソフトがあればルナアーラ軸やジガルデ軸も使ってみたかったなあ……。
何はともあれこの大会でいいスタートを切れたので、今後もがんばろうと思います。

最後までお読みくださりありがとうございました。それでは。